【D-color第二弾】髙橋大輔選手インタビュー詳細

スカイコートD-color第二弾、スカイクラフトラボと髙橋大輔選手のコラボ、「世界に一つだけの物件」となるリノベーション物件の完成を記念した会見では髙橋選手はこんなことを言っていました。
 

「前回のマンション一棟のプロデュース時は、いろんな方に受け入れられる部屋を考えましたが、今回は自分自身のやりたいことをやってみようと思った」という髙橋選手が、トライしたデザインのテーマは”色遊びができる部屋”。「青とピンクは派手な印象がありますが、意外に他の色と合わせるとまとまりやすい。写真やオブジェ、絵画などいろんな色を受け入れやすいので、遊びやすい部屋になっていると思う。ぜひ住む方にはいろんなものを飾っていただきたい。リモートワークでも利用できる部屋になったと思います」。

 

色の発想はフロリダにいた時に考え、自然の色の影響を受けたとか。「青とピンクの色のトーンを統一したくて、選んだ色に近づけるため、さまざま吟味の後、結局既存のものではなく、塗装してもらったんです」とこだわりの強さがうかがえる。

 

特にこだわった点は「1Rを広く使うため、シャワーだけにしたのですが、浴槽がない分、他にはない素敵なシャワーブースにしたいと工夫しました。椅子があったり、シャワーの位置が高かったり、とても高級感があるものになりました」。

 

完成した部屋に入った時の気持ちを「恐る恐る入ったのですが、青の印象が強いものの、思った以上に圧迫感がなく、とても落ち着く雰囲気で、フローリングや、トイレや洗面所に入った時のピンクの華やかさもとてもしっくりきて、素敵な部屋に仕上がったと大満足です」と話しした。
 

アスリートにとって、住居は最高の癒しの場所。練習で追い込む分、きちんと休み、どれだけリラックスできるスペースであるかが大切だという。
 

プロジェクトをやり遂げて「住まいのことは子供の時から好きなことであり、めったにない機会をいただいたこのプロジェクトは本当にやりがいと充実感がありました。また本業のスケートとは別の時間を持つことで、双方に発見があり、リフレッシュにもなり、いい相乗効果があったと思います。是非この部屋を気に入ってくれたら嬉しいです」。

 

以上高橋大輔選手からの熱いメッセージをお届けしました。