スカイコート清澄庭園

サンプル画像サンプル画像

駅歩6分の閑静な住宅街

環境良好な第1種低層住宅専用地域

 

「スカイコートパレス小竹向原」は、東京メトロ有楽町線・副都心線・西武有楽町線「小竹向原」駅徒歩6分、練馬区小竹町2丁目に誕生します。小竹町2丁目はその大部分が第1種低層住宅専用地域で、良好な住環境を守るため3階以上の建物や商業地域に対する規制が厳しいエリア。低層住宅がゆったりと立ち並び、さらに現地は大通りから一歩奥まった場所にあるので、23区とは思えないほど閑静です。

 

 

閑静でありながら、生活利便性が高い点もこの場所の特長といえます。スーパーマーケットやコンビニエンスストア、病院が徒歩5分圏内に点在し、緑道や公園も随所に。23区中1位の緑被率を誇る練馬区らしい自然豊かな街並みが続いています。また、練馬区は人口でも23区中2位(平成30年6月現在)と上位をキープ。住む街としての魅力を数字が如実に物語っています。

サンプル画像サンプル画像

池袋へわずか4分。都心を使いこなす

近隣の大学への通学にも非常に便利

都心の中枢・池袋。近年はEsola池袋、Echika池袋、WACCA池袋などの商業施設が続々誕生し、若い世代の心を捉えています。その人気は「住みたい街ランキング2018」で第5位に選ばれるほど。2020年夏には、8つの劇場を備える新複合商業施設「Hareza池袋」がオープン予定で、国際アート・カルチャー都市へと生まれ変わります。「スカイコートパレス小竹向原」からは東京メトロでわずか4分。高感度な都心を自在に使いこなせる便利さも入居者を惹きつけるでしょう。

 

池袋はもちろん、新宿三丁目、渋谷、有楽町、銀座一丁目、さらには東急東横線やみなとみらい線への相互乗り入れによって横浜方面へも直通。ビジネスにもレジャーにも快適な足回りです。

 

また、池袋を最寄り駅とする立教大学や東京音楽大学をはじめ、沿線には大学が点在。武蔵野音楽大学、日大芸術学部、日大医学部は現地から徒歩や自転車で通える距離にあり、通学に非常に便利な拠点として学生需要も見込まれます。

バブル期を超えた都心の路線価

相続税対策としても不動産投資を

国税庁が発表した2018年分の路線価は、東京銀座の「鳩居堂」前が1㎡あたり4,432万円。バブル期のピークだった1992年の3,650万円を超え、33年連続で日本一となりました。路線価が上昇すれば、相続税や贈与税にも影響が出ますが、その対策に有効なのがマンション経営です。

 

相続財産のうち、土地や建物の評価額は路線価や固定資産税評価額を基にしているので、実勢価格より低い額になっています。そのため、現金や預貯金を相続するよりも、マンションを購入して賃貸経営を行えば評価額は低くなり相続税の軽減が可能です。ぜひご検討下さい。

0120274110
資料請求はこちらから
お問い合わせ