スカイコートが信頼される4つの理由
定年後の備えとして、マンション経営(マンション投資)を私的年金として活用されることをおすすめいたします。
年金や退職金をあてにできない時代に
日本では、社会の少子高齢化に伴って年金加入者が年々減少し、将来にわたる十分な年金財源の確保が困難になっています。厚生年金の支給開始年齢の引き上げや、支給額の段階的引き下げが決定しており、今後はさらに抜本的な制度改正が行われる可能性もあります。いずれにせよ、これからの日本において、老後の生活費を年金でまかなえる比重は下がっていくことでしょう。

定年時の退職金が期待できるケースもありますが、退職金の支給額も減少傾向にあることが厚生労働省の調査で確認されています。
仮に65歳で退職したとして、平均寿命を考えれば女性は約20年、男性は約13年の老後生活が控えています。いまや、わたしたちにとって、年金や退職金プラスαの生活費財源を確保しておくことは不可欠といえるでしょう。
スカイコートの「借り上げ保証システム」で毎月の家賃収入が「私的年金」に
近年、マンション経営を始められる方が増えているのは、上述のような背景があります。30歳代の会社員や公務員の方も少なくありません。スカイコートの「借り上げ保証システム」をご利用いただければ、入居者の有無に関係なく安定した家賃収入が確保できます。
ローンで購入したマンションを賃貸して、家賃収入をローンの返済に充当。ローン完済後は、毎月の家賃収入を「私的年金」として受け取れるようになるのです。

下記のモデルケースでは、毎月68,600円が純益となります。公的年金や退職金、あるいはセカンドライフの収入にこの純益がプラスされることで、老後の生活がグンと心強いものになります。


賃貸マンションで私的年金を確保するモデルケース
新規おすすめ物件
新規おすすめの物件をご紹介します。


東京都民人口の約三分の一が居住する多摩地域。
その北部に位置する小平市は伝統ある学園都市です。
なかでも「一橋学園」駅周辺は、
駅名の由来となった一橋大学をはじめ
多くの大学のキャンパスが集まる広大な文教ゾーン。
吉祥寺など人気の街にも近いことから、ここに住む学生も多くいます。
そのなかで「スカイコートパレス一橋学園」は
駅徒歩3分の立地を確保。
駅への近さ、大学への近さ、都心への近さ、
三拍子揃ったロケーションは
学生需要を高め、オーナーの確かな資産運用をサポートします。


東京都庁をはじめ高層ビルが林立する新宿新都心。
再開発が進んで下町から都会へと変貌した東中野。
その間に広がる北新宿は、
都心5区のひとつ・新宿区でありながら
静けさと落ち着きを感じられる希少なエリアです。
その中に誕生する「スカイコートヒルズ北新宿」もまた
神田川や公園を身近にした好立地で、都市のスピード感と
ゆとりの両方を満喫できる快適なステージとなります。
交通インフラや商業施設が充実し、
安定的な賃貸ニーズと資産価値を
キープできる都心でマンション経営をはじめませんか。


関連コンテンツ


マンション経営を始めたい方へ 新規・おすすめ物件