スカイコートが信頼される4つの理由
定年後の備えとして、マンション経営(マンション投資)を私的年金として活用されることをおすすめいたします。
年金や退職金をあてにできない時代に
日本では、社会の少子高齢化に伴って年金加入者が年々減少し、将来にわたる十分な年金財源の確保が困難になっています。厚生年金の支給開始年齢の引き上げや、支給額の段階的引き下げが決定しており、今後はさらに抜本的な制度改正が行われる可能性もあります。いずれにせよ、これからの日本において、老後の生活費を年金でまかなえる比重は下がっていくことでしょう。

定年時の退職金が期待できるケースもありますが、退職金の支給額も減少傾向にあることが厚生労働省の調査で確認されています。
仮に65歳で退職したとして、平均寿命を考えれば女性は約20年、男性は約13年の老後生活が控えています。いまや、わたしたちにとって、年金や退職金プラスαの生活費財源を確保しておくことは不可欠といえるでしょう。
スカイコートの「借り上げ保証システム」で毎月の家賃収入が「私的年金」に
近年、マンション経営を始められる方が増えているのは、上述のような背景があります。30歳代の会社員や公務員の方も少なくありません。スカイコートの「借り上げ保証システム」をご利用いただければ、入居者の有無に関係なく安定した家賃収入が確保できます。
ローンで購入したマンションを賃貸して、家賃収入をローンの返済に充当。ローン完済後は、毎月の家賃収入を「私的年金」として受け取れるようになるのです。

下記のモデルケースでは、毎月68,600円が純益となります。公的年金や退職金、あるいはセカンドライフの収入にこの純益がプラスされることで、老後の生活がグンと心強いものになります。


賃貸マンションで私的年金を確保するモデルケース
新規おすすめ物件
新規おすすめの物件をご紹介します。


東京都の7大副都心構想のひとつに指定されている江東区亀戸。
ターミナル駅に直結する優れた交通アクセスと
駅前繁華街を中心とした多彩な商業施設を備え
地上60階建ツインタワー建設など再開発計画も進行中。
そんな近未来の東京を創っていく街で
「スカイコートパレス亀戸」は駅徒歩5分の好立地を確保しました。
駅近でありながら広大な公園も身近にした環境で
安心・安全・安定のマンション経営をサポートします。 


一日平均の利用者数250万人を誇る池袋駅
その東側にある豊島区の旧本庁舎跡地と豊島公会堂跡地で
再開発が進んでおり、2020年春に新施設が完成予定。
サンシャインシティに次ぐ新しいスポットが誕生します。
その東池袋地区にほど近く春日通りを挟んで
隣接する南大塚3丁目に
「スカイコートパレス新大塚」は誕生します。
サンシャインシティへ徒歩10分ほどと
池袋を生活圏にできるロケーションのうえ
都電荒川線、東京メトロ丸ノ内線と有楽町線、JR山手線の
4路線が利用可能。
各沿線にはキャンパスも多く点在                   
高需要が期待できる好立地で     
オーナーさまのマンション経営をサポートします。 


関連コンテンツ


マンション経営を始めたい方へ 新規・おすすめ物件