スカイコートが信頼される4つの理由
マンション購入をご検討されている方へ、スカイコートのマンションをおすすめいたします。
当社には、マンション経営(マンション投資)を検討されるご主人様の奥様からさまざまなお問い合わせやご相談が寄せられ、お応えしてまいりました。
ここでは、特に質問の多かった事項をピックアップし、ご紹介します。
「マンション経営Q&A」と併せてご一読いただき、参考になさってください。
預金をくずしてまでマンション投資をするべきでしょうか?
低金利時代がつづいていることはご存知のとおりで、現在10万円の預金をしても、1年でタバコ1箱分の利子もつきません。また、株は不安定要素が大きく、安全性を重視されるなら好適な資産運用方法とはいえないでしょう。

マンション経営の場合は100万円の投資に対して、1年を通して入居者がいる場合の家賃収入で4万円から5万円くらいの利子が付くとお考えください。節税もできますから、さらに利子が増えます。

詳しくは「マンション経営Q&A」をご覧ください。ご主人が、大切な奥様との老後生活やお子様の将来を守るために、マンション経営を検討されていることがお分かりいただけるでしょう。

マンション経営は、家賃収入でローンを払えば毎月何千円の差し引き支払いで自分の資産になるといいますが、本当でしょうか?
ローン支払い額のほとんどは家賃収入でまかなえますので、お客様の実際のご負担はわずかです。
毎月何千円台から1万円ぐらいの支払いで、ワンルームマンションという資産が残るわけですから、奥様にとっては将来が楽しみな利子の高い預金をしているようなものです。

主人が「定年を迎える頃、年金がもらえなくなるかも知れないから、マンション経営の家賃収入を老後の生活の一助にしたい」というのですが…
年金不安は大きな社会問題のひとつです。
社会の少子高齢化に伴い、年金を納める年代人口が減る一方、年金を受け取る年代は人口が増え、すでに公的年金の財源は厳しい状況を迎えています。
また、これからは企業の退職金も十分な金額が支給されるかどうかが危ぶまれています。
いまや、国民の自助努力による老後の「私的年金」の確保が急務です。
マンション投資がいかに効率的で確実な私的年金となるか、お分かりいただけることでしょう。

マンション経営で家賃収入が得られるといいますが、入居者がいるか心配です。
また、オーナーとしてのお仕事も大変なのではないでしょうか?
かつてバブル景気が崩壊したときでも、ワンルームマンションの入居者の需要はほとんど変わりませんでした。また、東京では年間約5万人以上人口が増えており(国勢調査2006年度調査)、今後もワンルームマンションの需要が減ることはないかと考えられます。
駅に近い、暮らしに便利なところに多いワンルームマンションは特に学生や若い会社員に人気があります。
当社の場合、スカイコートグループの賃貸センターが入居者の募集を行っています。
都区部では高い入居率に達しています。万一空室になった場合でも、当社の家賃保証により、オーナー様は毎月定額の家賃収入をお受け取りになれます。

また、当社は入居者募集から家賃集金、24時間セキュリティシステムによる管理、建物メンテナンスまで、奥様が心配なされている、オーナーの仕事すべてを代行しています。
奥様は振込まれた家賃の確認をするだけです。
会社員(給与所得者)はマンション投資で節税ができるというのは、具体的にどういうことですか?
毎月会社から支給される給与は、相応の税金が課されます。しかし、そこでマンション経営(マンション投資)をなさいますと、マンションを購入した初年度は、購入にかかった諸費用を計上します。2年目以降は、その諸費用のうち、減価償却費のみが毎年計上されることになります。
このため、マンション経営(マンション投資)における年間収支は、多くの場合、あくまで税務計算上の数字では大きな赤字になります。
この赤字は給与所得と通算することができるので、不動産所得をマイナスして確定申告すれば、所得税・住民税を大幅に減らすことができます。
マンション経営は、給与所得者なら購入当初は確実に節税できるのです。

マンション経営は長期にわたるローンを利用することになりますが、返済期間中、主人に万一のことがあったら家族の生活が苦しくなるのでは?
ご心配いりません。
ローンをご契約いただく際に、契約者様には必ず団体信用生命保険にご加入いただくのですが、この保険は契約者様が万一、死亡したり、高度障害を負われたときに、ローンの残り分全額を保険会社が支払うものです。
保険金でローン完済された後は、マンションがご家族様の資産として残るうえ、毎月の家賃収入を受け取ることができます。

主人は「ワンルームマンションが相続のトラブルを防ぐ最善の方法」と言うのですが、どういうことでしょうか?
株式などの有価証券、あるいは土地・建物などの相続にトラブルがおきやすいのは、分割するときに売却し、金銭に換えなければならないという点にあります。
ワンルームマンションの場合、比較的安い価格で購入できることから、相続人の人数に応じてそれぞれに買い求め、遺言しておけば、各人が名義変更するわけですからトラブル発生しにくくなります。

また、家賃収入も継続できます。現代社会では、資産は分割した上で、相続させるのがいちばんです。
さらに、現金での相続よりも相続税が安くなるというメリットもあります。



関連コンテンツ


マンション経営を始めたい方へ 新規・おすすめ物件