スカイコートが信頼される4つの理由
お子様の上京や進学の機会に合わせて、マンション購入をご検討されている方へ、スカイコートのマンションをおすすめいたします。
マンション経営(マンション投資)は、購入したマンションを賃貸運用して家賃収入を確保するのが基本ですが、必要に応じて住居として利用することも可能です。

その典型的な事例として、お子様の進学に伴う住居利用が挙げられます。
近年のマンション経営の傾向

(1)お子様が大学や専門学校などへ進学に合わせて、購入したマンションを住居として使用する。(通常発生するお子様の家賃としての支出がかからないですみます。)
(2)お子様がお部屋を出られたら、再び賃貸として運用する。

お部屋を4年間借りた場合 家賃・管理費込み90,000円の場合
※敷金・礼金2ヶ月分 更新1回
初期にかかる費用
月家賃(90,000円×4年間)
敷金 180,000円
48ヶ月
(12ヶ月×4年)
4,320,000円
礼金 180,000円
仲介手数料 90,000円
更新料 90,000円
540,000円
(A)
4,320,000円
(B)
初期費用(A)と年間家賃(B)合わせて4,860,00円の支出になります。

マンションを購入した場合、計4,860,000円(A+B)支払った家賃が無駄にならず、資産として残ります。

マンション経営(マンション投資)は、ずっと他人に貸さなければならないわけではなく、ご家族のライフプランに合わせて柔軟に利用法を変えられる点も魅力です。
ご家族のためにマンション購入を考えている方へおすすめ物件
お子様の上京や進学に合わせて、マンション購入を考えている方へおすすめの物件をご紹介します。


東京都民人口の約三分の一が居住する多摩地域。
その北部に位置する小平市は伝統ある学園都市です。
なかでも「一橋学園」駅周辺は、
駅名の由来となった一橋大学をはじめ
多くの大学のキャンパスが集まる広大な文教ゾーン。
吉祥寺など人気の街にも近いことから、ここに住む学生も多くいます。
そのなかで「スカイコートパレス一橋学園」は
駅徒歩3分の立地を確保。
駅への近さ、大学への近さ、都心への近さ、
三拍子揃ったロケーションは
学生需要を高め、オーナーの確かな資産運用をサポートします。


一日平均の利用者数250万人を誇る池袋駅
その東側にある豊島区の旧本庁舎跡地と豊島公会堂跡地で
再開発が進んでおり、2020年春に新施設が完成予定。
サンシャインシティに次ぐ新しいスポットが誕生します。
その東池袋地区にほど近く春日通りを挟んで
隣接する南大塚3丁目に
「スカイコートパレス新大塚」は誕生します。
サンシャインシティへ徒歩10分ほどと
池袋を生活圏にできるロケーションのうえ
都電荒川線、東京メトロ丸ノ内線と有楽町線、JR山手線の
4路線が利用可能。
各沿線にはキャンパスも多く点在                   
高需要が期待できる好立地で     
オーナーさまのマンション経営をサポートします。 


関連コンテンツ


マンション経営を始めたい方へ 新規・おすすめ物件