階下漏水事故の事例紹介

 

 

■物件概要 :
鉄筋コンクリート造のマンション
1990年築(築30年)
1Kタイプ


■事故発生状況などの経緯 :
【1】 夜間に2階の入居者より「天井壁際から漏水している」との緊急連絡あり(図1‐参照)
【2】 後日、直上3階の床下の給湯・給水管を調査したところ経年劣化による漏水が原因と判明(図1‐参照)
【3】 原因元の給湯・給水管の更新工事(253,000円)、階下被害の修復工事(203,500円)が発生し、全額(456,500円)が所有者負担となりました。

■ポイント :
床下の見えない部分にも専有部分としての設備がある
・通常の火災保険では、階下被害の修復工事は補償の対象にならない
・高価な家財等があった場合、被害額が大きくなることもある
・被害状況・工事内容次第では、入居者が部屋で生活できない場合などの補償が発生することもある

 

 

■補償対象の参考例 :

工事個所 火災保険 施設賠償責任保険 そなエール
被害修復工事(図1-参照)
原因元の工事(図1-参照)

 

※1   被害修復工事が対象になる保険も一部ございます。ご加入の火災保険の約款などを確認ください

 おすすめ 
経年劣化による予期せぬ修繕への備えには、「施設賠償責任保険」と「そなエール」の両方に加入するのがおすすめです。

お問い合わせ

『施設賠償責任保険』についてのご質問・お問い合わせは、お電話にてお問い合わせください。

スカイコート 保険担当

TEL:03-5269-3824

受付時間:9:00~18:00(月~金)

0120274110
資料請求はこちらから
お問い合わせ