スカイコートマンション経営
 スカイコートパレス鷺沼 資料請求はこちら
0120−739−666

建物構造

構造計算のダブルチェック方式を採用


強固な地盤に杭を設置して構造体を支持しています


当マンションは、建築に一番重要な基礎部分の設計のために、事前に敷地部分の地盤をボーリングによって調査しております。
地層の土質種類、地盤の硬さの指標になる標準貫入試験、坑内水位などを深さごとにそれぞれ調査を行っております。
地震に強いマンションを造るためには、建物が揺れに強い強固な支持地盤へ通常は杭によって支持されていますが、当マンションは、地盤調査の結果に基づき建物の基礎を支持する良好な地盤まで、「地盤改良」を行い、強固な地質に支持する「直接基礎構造」を採用し、大きな面で建物全体を支える構造となっております。


コンクリートの鉄筋配置

主要な壁および床のコンクリート内部の配筋は、鉄筋を二重に配置するダブル配筋としております。
シングル配筋に比べ強い強度を発揮しマンションを守ります。

二重床工法(LL-45)により遮音性能を確保

下の階に伝わる不快な衝撃音や振動を防ぐために、二重床工法を採用しております。防振ゴム(アジャスター付)の上にパーティクルボードを置き、その上にフローリングを貼ることによって、遮音性能LL−45の充分な性能を確保しております。

外壁

外壁のコンクリートの厚さは180oを確保しております。
外部を全面タイル貼りとし、コンクリートの中性化を防ぐとともに 、内部には熱貫流率の低い発泡ウレタンを採用して省エネルギーにも配慮しております。
この断熱効果によって結露防止にも役立っております。

コンクリート強度

構造体のコンクリート強度は、基礎は27N(1p2あたり270kgの荷重に耐える強度)、1階から5階までは24N(1p2あたり240kgの荷重に耐える強度)のコンクリートを使っております。

遮音性の高いアルミサッシ

一般的なアルミサッシ(JISグレード:T-1)より遮音性の高い遮音アルミサッシ、T-3を採用し、より快適なマンションライフのご提供を考えております。

 



資料請求はこちら

 | 周辺環境 | 間取図 | 平面図 | アクセス | 物件構造 |  物件概要 |