マンション経営Q&A

スカイコート マンション経営Q&A

スカイコート マンション経営Q&A
マンション経営の用語について知りたい
マンション経営用語&解説集にてご説明します。
マンション投資用語&解説集
・借り上げ保証システム
オーナー様が購入された全室をスカイコートが直接借り上げて、毎月の賃料を当社からオーナー様へお支払するシステムです。
賃料はご契約に基づいて毎月一定の金額をお支払しますので、空室の有無や入居者の家賃滞納などにかかわらず、オーナー様は安定的に家賃収入を確保できます。
借り上げ保証システムの契約期間は購入していただいてから4年間で、更新も可能です。
更新家賃については、オーナー様と当社で協議のうえ決定いたします。

・1ヶ月間の賃料支払免責期間
空室の有無にかかわらず毎月一定額の賃料をオーナー様にお支払する家賃保証は、最初の1ヶ月を入居者募集期間として免除させていただき、当社からの賃料のお支払いは2ヶ月目からとなります。

・私的年金
少子化による年金納付世代の減少や納付率の低下を背景に、公的年金制度への不安が強まっています。
こうした中で、個人が行う生涯設計の一環として、投資商品などを利用し老後の収入を確保するのが私的年金です。
現在、日本における老後の生活費は、公的年金に依存する比率が非常に高い状態にあります。
今後は、米国並みに、資産運用などによるバランスの取れた収入確保を行うことが必要になるでしょう。

・団体信用生命保険
投資用マンションの購入の際にローンを利用するには、団体信用生命保険への加入が条件となります。
これは、契約者に対し、ローンサービス提供者が保険会社と提携して生命保険をつけるものです。ローン利用期間中に契約者が死亡したり、重度障害の残るケガや病気になった場合など、保険会社からローンサービス提供者に対し、その時点でのローン返済残高相当の保険金が支払われます。
保険料は原則的にローン金利に含まれるので、契約者が別途保険料を負担する必要はありません。

・マンション投資による相続税控除
相続税課税対象としてのマンションの評価額は購入価格の約60%程度に圧縮されるうえ、さらに賃貸経営を行っていれば借家権割合と借地権割合が適用されてさらに評価額が下がります。
建物部分は借家権割合(30%・40%)を差し引いた額になり、土地部分は「貸家建付地」として借家権割合(30%・40%)×借地権割合(約60%〜70%)がマイナスされ、よりいっそうの減額となります。

・利回り
一定の投資額に対して、いくらの収入が得られるかを示すのが利回りです。
マンション経営(マンション投資)においては[年間の家賃収入÷購入価格×100(%)]で算出されます。
たとえば2,000万円で買ったマンションの毎月の賃料収入が7.2万円だとすれば、[7.2万円×12ヵ月÷2,000万円×100%]で、利回りは4.3%ということになります。

・スカイコート賃貸センター
スカイコートグループには「スカイコート賃貸センター」という賃貸専用の会社があります。
マンションをオーナー様から借りて、その対価を家賃としてオーナー様にお支払いしております。

・スカイサービス
スカイコートのマンション管理はスカイコートのグループ会社である「スカイサービス」が行っております。
スカイサービスでは、24時間365日体制での管理しており、火災・水漏れなどの緊急時は監視・通報を行い、直ちにサービススタッフが現場に出動します。
Q.近年人気の「マンション経営」とは?
Q.ローン・借入れの返済が不安
Q.「収入が安定的」という理由は?
Q.マンション経営がインフレ対策になるのは、なぜ?
Q.マンション経営のメリットは?
Q.マンション経営にリスクはないのか?
Q.老後の私的年金や保険代わりになる?
Q.マンション経営で節税できる?
Q.他の投資商品と比較すると?
Q.マンション経営の用語について知りたい 関連コンテンツ


マンション経営を始めたい方へ 新規・おすすめ物件