マンション経営Q&A
スカイコート マンション経営Q&A

スカイコート マンション経営Q&A
老後の私的年金や保険代わりになる?
ローン返済後は、家賃収入が私的年金に。
団体信用生命保険が万一のときにご家族の生活を守ります。
多くのオーナー様が毎月の家賃収入をローン返済に充当されていますが、返済終了後の家賃収入は純益になります。
たとえば35歳の方が30年返済ローンでマンションを購入しオーナーになった場合、65歳からは私的年金として家賃収入を得ることができます。
公的年金制度への不安が高まっている現在、私的年金による老後生活の自助努力が、ますます重要になっています。

また、スカイコート提携ローンなどマンション経営(マンション投資)のローン契約は、団体信用生命保険への加入が条件となります。
この保険料は原則的に金利に含まれるため、契約した方が別途保険料を支払う必要はありません。
団体生命保険の加入者に万一(死亡もしくは高度障害)のことがあった場合、マンション購入のローン残高相当の保険金が下りて返済が不要になるので、毎月の家賃収入をいわば「遺族年金」として受け取ることができます。

【賃貸マンションで私的年金を確保するモデルケース】


Q.近年人気の「マンション経営」とは?
Q.ローン・借入れの返済が不安
Q.「収入が安定的」という理由は?
Q.マンション経営がインフレ対策になるのは、なぜ?
Q.マンション経営のメリットは?
Q.マンション経営にリスクはないのか?
Q.老後の私的年金や保険代わりになる?
Q.マンション経営で節税できる?
Q.他の投資商品と比較すると?
Q.マンション経営の用語について知りたい 関連コンテンツ


マンション経営を始めたい方へ 新規・おすすめ物件