マンション経営Q&A
スカイコート マンション経営Q&A

スカイコート マンション経営Q&A
マンション経営のメリットは?
スカイコートのマンション経営(マンション経営)には、6つの大きなメリットがあります。
スカイコートマンション経営6つのメリット
(1)4〜5%台の高利回り
マンションの供給戸数は近年急速に増加しており、その大半が都心部に集中しています。高い家賃が設定できる都心部のマンションに投資した場合、利回りは4〜5%台と、他の多くの金融商品にくらべ非常に高水準といえます。

2)入居率が高いため賃料相場が安定
特に都心部のワンルームマンションは、毎年新しく上京してくる人たちが需要層に加わるため、空室はほとんど出ません。
また、地域に根付いた家賃相場は簡単には下落しません。つまり需要と市場価格の安定性が、マンション投資の高利回りにつながっているのです。

(3)公的年金プラス私的年金で老後も安心
多くのオーナー様が毎月の家賃収入をローン返済に充当されていますが、返済終了後の家賃収入は純益になります。たとえば35歳の方が30年返済ローンでマンションを購入しオーナーになった場合、65歳からは私的年金として家賃収入を得ることができます。公的年金制度への不安が高まっている現在、私的年金による老後生活の自助努力が、ますます重要になっています。

(4)ローンを利用して生命保険の代わりに
スカイコート提携ローンなどマンション経営(マンション投資)のローン契約は、団体信用生命保険への加入が条件となります。
この保険料は原則的に金利に含まれるため、契約した方が別途保険料を支払う必要はありません。
団体生命保険の加入者に万一のことがあった場合、マンション購入のローン残高相当の保険金が下りて返済が不要になるので、毎月の家賃収入をいわば「遺族年金」として受け取ることができます。

(5)節税効果と相続税対策
マンションを購入した初年度は、購入にかかった諸費用と減価償却費を計上します。2年目以降は、そのうちの減価償却費等が毎年計上されることになります。
このため、マンション経営における年間収支は、多くの場合、あくまで税務計算上の数字では大きな赤字になります。
この赤字は給与所得と通算することができるので、不動産所得をマイナスして確定申告すれば、所得税・住民税を大幅に減らすことができます。

また、相続税対策についても、現金や証券などの金融資産は100であれば100と評価されますが、マンションの場合、評価額は60%程度に圧縮され、相続税額が少なく算定されます。
さらに、その物件で賃貸経営を行っていれば、さまざまな控除が適用されて、さらに評価額が下がります。

(6)入居者や建物を管理する手間が一切不要
スカイコートの「借り上げ保証システム」なら、入居者の募集や家賃徴収、建物の管理などの業務を当社がすべて代行いたします。オーナー様は手間をかけることなく、毎月安定した家賃収入を得ることができます。

Q.近年人気の「マンション経営」とは?
Q.ローン・借入れの返済が不安
Q.「収入が安定的」という理由は?
Q.マンション経営がインフレ対策になるのは、なぜ?
Q.マンション経営のメリットは?
Q.マンション経営にリスクはないのか?
Q.老後の私的年金や保険代わりになる?
Q.マンション経営で節税できる?
Q.他の投資商品と比較すると?
Q.マンション経営の用語について知りたい 関連コンテンツ


マンション経営を始めたい方へ 新規・おすすめ物件