2013年06月16日
 ■  湘南しらす

今回は、僕がサーフィンで良く行く湘南のしらすをご紹介します。

しらすは、ご存知の通り鰯の稚魚で、日本では「マイワシ」「カタクチイワシ」「ウルメイワシ」の三種類が有名です。

その内、「マイワシ」は春先に産卵し、しらすとしては春が旬です。(しらすは、少し灰色がかった色です)

「カタクチイワシ」は一年中産卵するので、通年獲れますが、旬は秋~冬でこの頃は脂がのって身もしっかりして美味しいそうです。(しらすは真っ白でです)

「ウルメイワシ」はたまに獲れるそうですが、商品価値は低い(しらすは黄色みがかっています)

そして、商品としては、しらす干し・釜揚げ・たたみしらす・生しらす等がありますが
僕としては断然生しらすがお奨めです。

生しらすは、鮮度が命なので、朝獲れたものは出来れば昼までに、遅くともその日の内に食べないと、身が黒ずんで柔らかくなってしまい、イノシン酸の抜けて美味しくなくなってしまいます。

だから美味しい生しらすを食べたかったら、海沿いで獲れたてを出すお店で食すか、保冷バッグ持参で、午前中に直売所で買って自宅で食べるのがお奨めです。

基本的に青魚ですからDHA等も豊富でカルシウムやタンパク質も豊富なので是非試してみてください。茹でたての釜揚げしらすも美味しいですよ!


 行きつけの湘南平塚海岸にある「丸八丸」さんです! 漁師さん直売所なんです。
生しらすは、漁があった日(獲れた日)の朝9時頃までに電話して取り置きしてもらいます、(他は全て茹でてしまいますので)
なので、朝予約して、目の前の海でサーフィンして、海から上がって着替えたらピックアップしにお伺いします。


 お店前では、朝獲れたシラスを、茹でてから軽く干しています。こちらも美味しいですよ。


 今日は生シラスを2パックと釜揚げシラスを買いました、(写真は生シラス・ワンパック600円!!激安)


 持参の保冷バッグに入れて、早めに帰宅して「生シラス丼」を作りました!
ご飯に、刻み海苔を敷いて大葉をみじん切りにしてたっぷりの生シラスを乗せて後はお好みでポン酢醤油・生姜醤油・山葵醤油等をかけて、ゴマや玉子の黄身等をお好みで。
最高に美味しかったです!! 


 写真はこの前近所のスーパーで売っていた「シラス干し」値段も安く黄色身がかっているので、たぶん「うるめ鰯」しらすです。うるめのシラスは脂が乗っていなくて商品価値が低いので安いからといって焦って買わないようにして下さい。

ちなみに、新鮮な釜揚げシラスやシラス干しの見分け方は、身が曲がっているシラスが多く入っているものが美味しいシラスです。
獲れたてを新鮮なうちに釜揚げすると、身が曲がるそうです、新鮮でないシラスを釜揚げするとシラスは真直ぐだそうなので、ご参考までに!

投稿者 yokoo : 2013年06月16日 14:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.skyc.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/244

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)